ABOUT PROGRAM

MY TREEペアレンツ・プログラムとは?

子ども虐待とはこれまで人として尊重されなかった、痛みや悲しみを怒りの形で子どもに爆発させている行動です。
MY TREEペアレンツ・プログラムは、その感情、身体、理性、魂のすべてに働きかけて、
木や太陽や風や雲からも生命力の源をもらうという人間本来のごく自然な感覚を取りもどします。
さらに、自分の苦しみに涙してくれる仲間がいるという、人とつながれることの喜びは、
本来誰でもが内に持つ健康な生きる力を輝かせるのです。

  • 対象者

    子どもに身体的虐待、心理的虐待、ネグレクトをしている親(親に代わる養育者)
    全回休まず参加できる人
    8~10人程度でグループをつくります

  • プログラムの目的

    「セルフケア」と「問題解決力」を回復することで、虐待的言動の終止を目的とします。

  • 参加費

    無料(プログラム中の保育も無料です)

使用するテキスト

「気持ちの本」/森田ゆり 作

子どもたちが描いたいろんな気持ちの絵を見ながら、気持ちを言葉にして考える大切さを学びます。

「しつけと体罰」/森田ゆり 著

「しつけ」と「体罰」は何が違うのか。体罰は子どもにどんな影響を与えるのか。子どもと良い関係を築く方法を提案します。

PROGRAM COMPOSITION

MY TREEペアレンツ・プログラムの構成

グループセッションと個別面接(事前面接、中間面接、終了時面接)で構成されています。
修了後3ヶ月後に同窓会をします。(※半年後の同窓会をするグループもあります。)

  • 事前面接
    • グループセッション
    • Session.1安心な出会いの場:目的、約束事、瞑想・ボディワーク
    • Session.2安心な出会いの場:私の木、Iメッセージ
    • Session.3わたしのエンパワメント
    • Session.4怒りの仮面
    • Session.5感情制御
    • Session.6体罰の6つの問題性
  • 中間面接
    • グループセッション
    • Session.7気持ちを聴く
    • Session.8気持ちを語る
    • Session.9自己肯定感・否定的ひとりごとの掃除
    • Session.10自分をほめる、子どもをほめる
    • Session.11母親らしさ、父親らしさ(母親グループバージョン)
    • Session.12もっと楽なしつけの方法
    • Session.13MY TREE セレブレーション
  • 終了時面接
  • 同窓会

グループセッションの構成

  • 60まなびのワーク
  • 10休憩
  • 50自分をトーク
  • 30フォロータイム

セッションの最中、お子様はお預かりします。保育料は無料です。